管理栄養士になるためには、管理栄養士養成施設を卒業するか、栄養士となって実務経験
を積んだ後に、管理栄養士国家試験に合格しないといけません。

管理栄養士国家試験の合格率は45%程度と、一見すると、難しくない資格のように思われ
ますが、あなたも既に知っているように大きな落とし穴が潜んでいます。

管理栄養士養成施設で単位を取得して、受験資格を得てから試験を受けるのと、栄養士と
しての実務をこなしながら試験勉強をするのとでは、合格率に雲泥の差が見られるという
点です。

特に、実務に取り組みながら管理栄養士国家試験を受験する社会人の合格率が著しく悪く
低い年だと合格率5%程度という「難関資格」となっています。

そこで、特に合格率が低い、栄養士として実務に取り組みながら、管理栄養士国家試験を
受けようと考える受験生
は、どのように試験対策を行えば良いのでしょうか?

千葉県在住の滝澤宗之さんは、現役管理栄養士にインタビューを行い、どのような勉強を
行って合格にこぎつけたのかをまとめたマニュアルを作成しました。

それが「現役管理栄養士が語る、管理栄養士合格の秘訣」です。

このマニュアルでは、以下のケースなどの6種類の体験談を収録しています。

  • 弱冠20歳で在学中に合格した学生の体験談
  • 大学在学中に実質2ヶ月しか勉強せずに合格した体験談
  • 社会人生活と管理栄養士試験合格を両立させた体験談

合格するまでの勉強の仕方だけでなく、合格してからの管理栄養士としての取り組みなど
についても詳しく語っています。

【続きを開く】