運動音痴や身体能力が低いために、いつも補欠だったり、試合に出ても勝てなかったり、
予選落ちといった状況が続いていませんか?

基礎トレーニングが足りないからだと指導者からはいつも言われて、時間があれば練習を
して身体能力を高めるように努力をしているのにも関わらず、全く成果につながらない

いった状態かもしれません。

できないなら人の2倍、3倍と練習して頑張れ
などとは言われますが、それで成果が出るのであればまだしも、既にできる人からすれば
短時間で一気に乗り越えられるハードルですから、いつまでたっても差が縮まらないため
に、絶望感しか感じないというのが本音ではないでしょうか?

そこで、これまでに2000人以上の凡人以下のレベルの人達が、わずか2ヶ月で、各自
が取り組んでいるスポーツ競技で一気に「下剋上」に成功したフィジカル強化メソッド

あなたも取り組みたくありませんか?

それが「次世代型筋トレメソッド下克上」です。

理学療法士の笹川大瑛さんが開発したメソッドで、今までに2000名以上の平凡/平凡
以下のアスリートの身体を『一流アスリート』へ進化させてきた実績ある方法です。

もちろん、朝から晩まで筋肉痛に耐えながら辛くて厳しいトレーニングをするなどの現実
離れした内容ではなく、わずか12種類の筋トレで全ての関節を安定させ、強い力を発揮
できる
ようにするという、1日20分で完了できる簡単な内容です。

次世代型筋トレメソッド下克上は以下の12個の筋肉を動かすだけの簡単なトレーニング
となっています。

  • 足の振り上げを速くする腸腰筋のトレーニング
  • 骨盤を劇的に安定させる多裂筋・腹横筋の単独トレーニング法
  • アスリートに超重要な内側ハムストリングスのトレーニング法
  • 膝の安定性を劇的に向上させる内転筋トレーニング
  • 足の疲れやアーチを改善させる後脛骨筋トレーニング
  • ”初動”や足部のケガが劇的に改善する腓骨筋トレーニング
  • 肩甲骨を安定させパワーを爆発させる前鋸筋トレーニング
  • 体幹のしなり、柔軟性を作る菱形筋トレーニング
  • 肩を劇的に安定させる肩甲下筋トレーニング
  • 上半身で忘れがち!?の上腕三頭筋トレーニング
  • ”力み”を抑える橈側手根屈筋のトレーニング法
  • 肘から手首、指を安定させ、グリップを劇的に強くする尺側手根屈筋トレーニング

次世代型筋トレメソッド下克上を1日20分実践するだけで、1ヶ月後には身体に変化が
でることが実感できますし、2ヶ月後には、パフォーマンスが劇的に向上していることを
自らの身体で実感
できます。

20分以上行う必要はありませんし、かえって体を痛めるだけで逆効果です。
1日最大20分、最小20分と考えれば十分です。

【続きを開く】