苦労せずに英語をマスターしたい
と考える人は少なくありません。

あなたも当てはまるのではないでしょうか?

そのような人をターゲットとした英語教材や英会話スクールは数多くありますが、思った
ように上達できない場合
も珍しくありません。

次から次へと、スクールや教材を渡り歩いても、期待はずれな結果ばかりで頭を悩ませて
いるのではないでしょうか。

インフォセブンの酒匂敏郎さんは、英語学習においては遊ぶように学ぶ事が重要だと指摘
します。

読み書き中心や聞き流すだけの英語学習だと、耳で聞いたことを真似事で話していって、
真似する間に正しい発音や単語を覚えていく
という言語習得のゴールデンルールから外れ
ますので、いつまでたっても上達できないのです。

一方で、「英語で話す」というと、英会話をイメージすることが多く、いきなり、相手と
会話をするところから始めようとするために、さまざまな問題が生じます。

  • 相手の言っていることが理解できない
  • 語彙がないので自分の言いたいことが英語にできない
  • 正しい発音ができないので、相手に通じない

その結果、まったくコミュニケーションをとることができずに挫折するのです。

そこで、酒匂さんは「海外ドラマと洋画を字幕なしで繰り返し見る」ことを推奨します。

会話する相手がいなくても一人で実践できますし、ドラマや映画の場合には、自分自身で
ジャンルを選べる
ことから、なによりも楽しく続けられるのがポイントです。

いかにも勉強しているといった退屈な文章だったり、興味も関心もないニュースを延々と
見続けるのと比べると、その学習効果は雲泥の差です。

「英語が楽しい」という感情になれば、積極的に英語を勉強するため、短期間でも一気に
上達できるのです。

この外国ドラマや洋画を用いた英語上達法を酒匂さんはマニュアルにまとめました。
辞書いらず!英語勉強法「エブリデイ30イングリッシュ」です。

映画だと1作品2時間程度が目安ですが、ドラマだと30分程度で1話が完結する作品が
多くありますので、まずはドラマを見て英語を発音すると言う流れ英語脳を作り上げて
いきます。

これは「シャドーイング」という手法ですが、第二言語習得においてリスニングやスピー
キング能力の改善のために、世界中で用いられている一般的な外国語学習方法です。

【続きを開く】