証券外務員の資格を取得しないと証券会社などで外務行為の仕事はできません。

最近では証券会社以外の金融機関でも証券業務を行うケースが増えていますので、外務員
資格の取得が必要になっていますし、会社としても取得を推奨するようになっています。

このため、証券会社や銀行などの金融機関で外務行為の担当になる新卒社員は、必ず受験
して合格しないといけませんが、外務員資格試験の合格率が50%前後と高いことに油断
していると、なかなか合格できません。

学生や他業種の会社員などが外務員資格試験を受ける際に勘違いしやすいポイントです。

というのも、一般的な資格試験とは異なり、申込だけして受験をしない冷やかしが少ない
上に、外務員試験を受験する人たちの学習レベルが高いことから、優等生が一発合格する
という点で、合格率が高くなりやすい傾向が見られます。

そこで、埼玉県在住の迫宏樹さんが、外務員資格試験に最小限の勉強量で効率よく合格を
するために必要なポイントをまとめた、「最低限の努力で合格するための証券外務員攻略
マニュアル
」を公開しました。

証券外務員第一種・第二種が対象となっています。

一問一答形式+解説付きの演習問題を繰り返し解いて覚えるだけというシンプルな構成に
なっています。

迫さんは一夜漬けの勉強で外務員資格試験に合格したそうですが、特に重点的に学習した
ポイントがマニュアルにまとめられていますので、標準テキストや参考書などを繰り返し
読んで覚えようとするよりも効率的に勉強を進められます。

【続きを開く】