成績が悪い子供にはコーヒーを飲ませたらいい
などと言われると、トンデモ医学の類かと疑いたくなりますよね。

コーヒーに含まれるカフェインが発育に悪影響を与えるから飲ませてはいけない
などといいますが、カフェイン自体が発育を阻害する「毒物」というのではなく
カフェインの効果が間接的に体に良くないので、過剰には飲まないほうがいい
いう程度の話です。

ふぐの肝や青酸カリなどのように、少量でも体内に取り込んだら死亡するとか、
麻薬や覚醒剤、酒やタバコなどのように、体内に入れたら中毒症状を発症したり
健康被害が発生すると言ったものではありません。

あくまでも、カフェインが持っている

  • 興奮作用
  • 覚醒作用
  • 利尿作用

が、大人と比べて子供のほうが強く出やすいため、自律神経のバランスが崩れる
とか、不眠症になって睡眠不足に陥るといった問題点を指摘しているだけです。

つまり、カフェインの過剰摂取というデメリットを避けながら、コーヒーが持つ
メリットだけを活かせれば、コーヒーは害悪どころか勉強に効果的だと言っても
決して過言ではありません。

しかし、コーヒーであれば、市販のインスタントコーヒーでも、挽きたてのもの
でも何でもいいと考えるのは誤りです。

コーヒーコーディネーターの資格を持つ人に聞いたところ、特定の銘柄のものが
最も勉強に良い効果を上げることができ、それ以外の銘柄のコーヒーだと害悪に
なる可能性が一気に高まる
と警告しています。

そこで、子供の成績を上げるための珈琲の種類や、アメリカンやブラック、ラテ
など、さまざまな種類の中から、最も効果的なレシピをまとめた、「成績アップ
カフェラテレシピ
」が役立ちます。

このレシピの効果的な使い方を身につけることができます。

【続きを開く】