勉強に関してもスポーツなどと同じように、勉強時間を増やせば賢くなるという考え方が
蔓延していますが、必ずしも正しいとは限りません。

やる気が無いのにダラダラ勉強しても時間の無駄ですし、同じように勉強しても優等生と
比べると、圧倒的に成果が少ないのではないでしょうか?

また、優等生がやっている勉強法を劣等生が真似したところで、プロの仕事を素人がする
ようなものですから、何一つ成果が出ないという結果になるわけです。

優等生の勉強法を実践したいのであれば、見よう見まねではなく、目に見えない部分まで
しっかりと理解した上で取り組む必要
があります。

勉強法研究会代表の中村タケシさんは、これまでに2000名を超える学生や資格勉強に
取り組んでいる社会人などに勉強法や学習法をアドバイスしてきたそうですが、世の中に
出回っている勉強法や学習法の多くは個人の感想レベルのものであって、正反対のことを
いっているケースも存在する
と指摘します。

あなたも「何とか式」学習法・勉強法などといった類の手法を試したことがあるかもしれ
ませんが、自分の成果の自慢話と、他人には真似出来ない勉強法しか書かれていないので
時間を無駄にしたと感じたかもしれません。

しかし、個々に見るとムダやムラが多く見られる勉強法や学習法でも、多くの人の上澄み
をすくい取ってみると、誰にでも実践できる上に、無理なく成果が出せる「魔法の勉強法
が見つかるものだと中村さんは言いますし、実際にアドバイスしているのも秀才100名
が行っているという、この上澄みの部分です。

この上澄みの部分をまとめたのが「勉強の説明書」です。

秀才が持ち合わせている能力として、中村さんは以下の7項目をあげています。

  • 目標設定力
  • 計画力
  • 教材活用力
  • 記憶力
  • 集中力
  • 時間管理力
  • 自己統率力

「勉強の説明書」を読むことで、この7項目を効率的に身につけるための方法を2時間で
マスター
できます。

勉強が苦手な立場に立って中村さんが説明していますので心配ありません。

【続きを開く】