マインドマップとは「頭の中で起こっていること」を目に見えるようにした思考ツールで
あって、アイディアを新たに出したり、整理するのに効果的だと言われています。

しかし、ブレインストーミングや、仕事の能率・生産性を上げるためにマインドマップが
役立つわけではありません。

資格試験や入学試験、学校での定期テストなどの勉強にもマインドマップは使えるのです。

上の例は日本国憲法の10条から19条をマインドマップにしたものですが、無味乾燥な
文章を丸暗記するよりも知識が整理されてわかりやすくなるだけでなく、文章を暗記する
必要があった場合でもスムーズに記憶に残しやすくなるものです。

このマインドマップを使った勉強法を、マインドマップを全く知らない人が1週間あれば
マスターできるようにしたのが、「マインドマップ資格試験勉強法7デイズパーフェクト
マスタープログラム
」です。

これまでに多くの実践者が、司法試験や公認会計士、中小企業診断士や司法書士など難関
資格に合格しています。

付属のDVD動画をみて「マインドマップ勉強法」の理論をマスターしつつ、動画内の指示
に従って「実践シート」を埋めて行くことで、1日2時間確保できれば1週間でマスター
できるようにカリキュラムが構成
されています。

あなたの都合に合わせて、学習期間を伸ばしたり縮めることができますが、実践シートを
用いた作業をせずに、動画を見ただけで、実際の勉強にマインドマップを使おうとすると
確実に失敗しますので、必ず実践シートを用いたワークを行う必要があります。

【続きを開く】