手書きの文字が汚い
と悩んでいませんか?

パソコンやスマホで文字を入力することが増えていることから、手書きで文字を書く機会
は少なくなりましたが、たまに書いた時に自分の文字の汚さに呆れてしまうのではないで
しょうか?

きれいな文字を書くためには、小学校の頃のように、とにかく何度もドリルに文字を書き
続けて身体に叩き込むしかない
と思っていませんか?

ペン習字研修センターの山下静雨所長は、通信添削や企業・自治体などへの指導・講演会
などで50年以上にわたってペン字を教えてきたといいますが、お手本に従ってひたすら
何度も文字を書き続ける練習は不毛な上に、実際に上達するかどうかはわからない
と指摘
します。

それよりも、短期間に字を上達させるポイントを知ったほうがいいと山下さんは言います。

幼い頃からきれいな文字を書く人は、生まれつきの才能や、物心がついた頃から膨大な量
の書き取り練習をしたわけではなく、親の書き方を見るなどして字を上達させるポイント
を知らず知らずのうちに身につけた幸運な人
だったのです。

あなたの文字が汚いのは、これまでに字を上達させるポイントを学べるチャンスが一度も
なかっただけであって、いったん知ってしまえば、あっという間にきれいな文字が書ける
ようになる
と山下さんは断言します。

このきれいな文字の書き方を学べるのが、ペン字上達「伝統山下流」です。
DVD動画で山下さんからマンツーマンレッスンを受けている感覚で学ぶことができます。

こまかなニュアンスなどは、文章やイラスト、写真などを見ただけでは理解できず、実際
の書き方を目で見ないと理解できないことから、ペン字上達「伝統山下流」は動画教材と
しています。

【続きを開く】