人生で起こる全ての出来事は自分の行動や言動によって生じた結果だと考えている人には
幸運や不運などといった考え方自体がありえない話ですし、運任せにするぐらいなら成功
する確率を100%に近づけるために努力するべき
と考えるものです。

しかし、自分の力だけで100%にすることは不可能であり、自惚れもいいところだから
自分の力だけではどうしようもない部分は少しでも「良い運」になるようにと、神仏など
に依存する人
も少なくありません。

あなたはどちらのタイプの考え方でしょうか?

自分の実力が全て人生に反映されていると考えていれば、自然に風習や宗教などに依存を
することもありませんし、厄年についても全く気にしなくなるものです。

一方、厄年が気になって、お寺などに厄払いをしてもらいに行ったり、厄除けのお守りを
買ったりしていると、日常生活でもトラブルに巻き込まれないように慎重に過ごしている
のではないでしょうか?

真言宗の開祖として知られる僧侶の空海(弘法大師)は、7色の小物を身につけることで
数々の難から逃れたという言い伝えがあり、厄年の厄除けには7色の小物を身につければ
良い
と信じられるようになりました。

その言い伝えをもとに、静かなブームとなっているのが7色のパワーストーンを携帯する
という厄除け方法です。

この7色のパワーストーンを手軽に携帯できるのが、厄除けパワーストーンブレスレット
ですが、透明度が高く品質の高い本物天然の水晶、パワーストーンのみを厳選しています。

  • インカローズ
  • カーネリアン
  • シトリン
  • ペリドット
  • フローライト
  • ラピスラズリ
  • アメジスト

を小笠原父島にて浄化し、ブレスレットにしています。

【続きを開く】