資格試験や入学試験で合格したいと思ったら、試験勉強が欠かせません。

しかし、毎日のように長時間にわたって勉強を続けても、いつまでたっても合格する兆し
さえ見られない人もいれば、ろくに勉強していないように見えるのにも関わらず、余裕で
合格ラインを超えていく人もいるわけですが、いったい何が違うのでしょうか?

生まれつきの頭の良さであったり、これまでの学力の積み重ねが大きな違いになると思い
がちですが、「本物の教材パッケージ」を制作・販売することをモットーとしている株式
会社メディカルイノベーションは、効率的に知識を吸収し記憶に残る勉強ができているか
どうかの違いでしか無い
と指摘します。

つまり、あなたが生まれつきの天才や秀才とは程遠い現状だったとしても、その学習法を
身につければ、天才や秀才になることは可能なのですが、そんな学習法は学校では全くと
いっていいほど教えませんし、極めて非効率なのにも関わらず、「正攻法」とされている
勉強法しか知る機会がない
というのが現状です。

ヒデミック学習ビジョン研究所代表で心理学博士の篠田秀美さんは、この効率的な学習法
を実践するのに欠かせない要素として、動体視力などの「眼チカラ」をあげています。

この眼チカラが向上することで、脳力がアップするのはもちろんのこと、目から受け取る
情報量が向上するだけでなく、処理スピードも一気に上がることから、目のまわりの筋肉
も鍛えられるためにピントが合いやすくなり、間接的な効果ではあるとしても視力アップ
にもつながります。

この眼チカラを向上させるための手法として篠田さんが開発したのが「EYES&BRAIN
というパソコンソフトです。

1日10分間、簡単なゲームに取り組むだけです。
マウス操作と簡単な数字の入力をすれば良いだけですから、パソコン操作が苦手な人でも
無理なく取り組めます。

眼を鍛えることで脳が活性化して、視力が回復していきます。

合格の方程式 EYES&BRAIN」では、さらに脳を活性化するために音声を最大4倍速
で再生できるパソコンソフトがついてきます。

2倍速、3倍速、4倍速と通常よりも速い速度で音声を聞くことにより、脳の回転速度が
向上する働きがありますので、自然と頭の回転も早くなってくるのです。

【続きを開く】