ゴルフスイングに関しては、さまざまなプロゴルファーや専門家が独自の理論を提唱して
いることもあって、場合によっては正反対のことをいっている人もいる状況です。

また、基礎をしっかりと見に付けたプロゴルファーしか実践できないようなゴルフ理論を
アマチュアゴルファーに教えるティーチングプロもいますので、とてもじゃないが学んで
実践することは不可能だと言わざるを得ません。

これでは、いったい何が正しくて、自分には合っているのか、さっぱりわからないのでは
ないでしょうか?

ゴルフ工房クラフトマンの倉木真二さんは、「元ゴルフ研修生クラフトマンのゴルフ相談
日記」というブログにおいて、このような悩みを抱えるアマチュアゴルファーからの相談
を次々と解決してきたわけですが、ベースとなる「スイング理論の核心」を抑えることで
年齢、性別、体力、センス、練習時間などに左右されずに着実に上達できます。

スイングと弾道の関係を示す絶対的な仕組みが身につくからです。

この倉木さんが提唱する「スイング理論の核心」を身につけることで、あなた自身で自分
のスイングを正確に把握して、最も効果のある練習方法を自力で実践出来るようになると
いったら驚くのではないでしょうか。

他人からの押しつけではない、個人の状態に合わせた練習方法をあなた一人で実践できる
ようになるのです。

この「スイング理論の核心」が学べるのが「驚異のゴルフ上達法」です。

他のゴルフ理論を知る必要がなくなりますし、自分に合わないものだと思ったら、いくら
有名で実績のある人が言ったことだったとしても根拠を持って無視できるようになります
ので、フラフラと悩む必要がなくなります。

【続きを開く】