ソフトボールの守備練習の仕方として、さまざまな方法がありますが、ノック練習は必要
不可欠な練習メニューの一つです。

試合中には、さまざまなボールが飛んできますから、標準的な守備だけでは不十分になり
がちですので、実践力を養うという点では、選手の嫌がるところへボールを飛ばせるのが
ノック練習を行う大きなメリットです。

しかし、ノック練習を行う側が、さまざまなシーンを想定することなく、ワンパターンな
打撃ばかりを繰り返していれば、練習自体も惰性になりがちですし、守備力を向上させる
効果も乏しくなるばかりです。

そこで、京都西山高校ソフトボール部監督の田中大鉄さんは、ノック練習で必要な、思い
通りの場所にボールを飛ばす打撃法を提唱していますが、内野向け、外野向け、バントや
キャッチャーなどという具合に、数多くの種類が存在するといったら大変そうに思うかも
しれませんね。

ボテボテのボールやライナー性の強いボールなど、さまざまな状況が考えられますので、
打ち分けが出来ないのではないかと不安が強まっているのではないでしょうか。

しかし、ちょっとしたポイントとコツを掴んでしまえば、ノック練習でボールを思い通り
に飛ばせるようになりますので、知っているか知らないかの違いです。

このノック練習でのポイントを自宅に居ながらにして学べるのが、田中大鉄の勝利の基本
「守備力をアップさせるノック術」
です。

DVD動画で、田中さんから直接教わる感覚で学ぶことが出来ます。

【続きを開く】