ギター演奏がとりあえずできるようになるまでに必要な時間として、1ヶ月程度で十分だ
と言う人もいれば、半年、1年は必要だという人にキレイにわかれるものです。

毎日何時間もギター練習ができる人と、週1回1時間程度の時間を確保するだけで精一杯
という人とでは上達スピードに違いが出るのは当然ですが、毎日長時間にわたって練習を
し続けても全く上達しない人もいれば、短時間の練習でも面白いように上達する人もいる

のは事実です。

この違いは、どういうところにあるのでしょうか?

神戸市にあるギター教室「KOTA MUSIC」の福居健志代表はコードの押さえ方を覚える
ことができるかどうかが最初のハードル
だと指摘します。

あなたも今までにギターを挫折した経験があればわかると思いますが、コードを覚えるの
は簡単ではありませんし、練習時間を増やしたからと言っても覚えられるとは限りません
ので、いつまでたっても思い通りに指が動かなければ挫折するのは時間の問題です。

刑務所の囚人作業のように、嫌だから辞めるわけにはいかない強制力のある作業であれば
まだしも、興味や趣味で始めたことが思い通りにいかなければ、簡単にやめても罪悪感も
ありませんし、高額なギターを買って始めたということでもない限りは、金銭面の痛みも
ほとんどありませんので抑止力にもなりません。

そこで、普通に取り組む際には非常に難しいコードを簡単に行えるよう、福居さんは独自
の「ワンフィンガー奏法」を開発しました。

このワンフィンガー奏法を用いれば、左手の指1本(左利きの人は右手になると思います)
1種類の押さえ方だけでギターが演奏できるようになり、それこそ1ヶ月どころか1時間と
いう信じられない短時間で演奏できるようになる
といったら驚くのではないでしょうか。

このワンフィンガー奏法を自宅で学べるのが「ワンフィンガーギター講座」です。

あなたがアコギを持っていれば、そのギターを使えばいいですし、ワンフィンガーギター
専用ギターもオプションで用意していますので、手元にギターがなければ検討するといい
かもしれません。

【続きを開く】