0sai

幼児教育は生まれた直後から始まっています。

何とかクラブなどの育児雑誌では定番のテーマですが、
3歳までに脳の80%が作られる
出産直後のチャンスを逃せば身につかない
などと言われたら、あなたも思わず焦ってしまうのではないでしょうか。

取り返しのつかない結果になる前に、可能な限りの教育を行いたいと思うようになるのも
当然でしょう。

幼児教室の最大手として知られる七田チャイルドアカデミーをはじめとして、0歳児から
受講を受け付けているところも少なくありませんので、出産して退院をしたら幼児教室に
直行するという親御さんもいますし、「胎教」と称して妊娠中から音楽を聞かせるなどの
教育を行うところもあります。

しかし、出産直後は外出を控えるのが一般的ですし、自らの体調も十分に回復していない
だけでなく、生まれたばかりの赤ちゃんを幼児教室などに外出させることで、病気に感染
するのが心配かもしれません。

通信講座もありますが、ボリュームの多さにプレッシャーを感じて、育児でバタバタして
いる間に、せっかくの教材を見向きもしなくなるといったケースも少なくありません。

これではモッタイナイですよね。

そこで、幼児教材・幼児教育アドバイザーで元幼児教室講師の藤崎友香莉さんが生後半年
までに取り組んだほうが良いと考える「知育・運動・情緒」の発達あそび
を合計100種類
用意しました。

それが「0歳赤ちゃんの発達遊び100」です。

遊んでいるだけで自然に今後の幼児教育で必要となる能力を身につけられます。
オムツ替えのついで、授乳のついで、抱っこのついでなどに行えますから、わざわざ時間
を作って勉強する必要もありません。多忙な育児の合間に片手間で取り組めばOKです。

通信講座のようにノルマはありませんし、何よりも楽しめる遊びばかりですから、あなた
も義務感やストレスを感じること無く取り組めます。

「0歳赤ちゃんの発達遊び100」の実践者は、首すわりやハイハイ、一人歩きなどを平均と
比べて、最大3ヶ月短くできるようになっています。

【続きを開く】