clevercomu

雑談などで何か気の利いたことを言ってみたいが、絶望的なほどセンスや才能がないので
自分には無理
だと思って諦めていませんか?

自らおどけて笑いを誘う冷笑や嘲笑ではなく、知的な笑いを起こすユーモアやツッコミが
できるようになりたいと思っても、具体的に何をすれば身につくのがわからなければ習得
しようがありません。

話し方の本などを読んでいても、笑いを取る話し方について書かれたものは見かけません
し、上手な人の真似をしても思い通りに使えなかったり、無理に使ってひんしゅくを買う
という具合に失敗が続くと、なかなか続けられないのではないでしょうか。

そこで、コミュニケーション・コンサルタントの山崎秀隆さんが、最大限シンプルであり
ながら最大の効果が得られるという「今すぐ反応が取れるフレーズ集」を作成しました。

それが「クレバー・コミュニケーション」です。

「クレバー・コミュニケーション」では、「たとえ」を使って笑わせるスキルを効率良く
身につけられるようにフレーズを数多く用意していますが、素晴らしい道具が用意されて
いたとしても使いこなせなければ「豚に真珠」「猫に小判」ですから意味がありません。

「クレバー・コミュニケーション」では、以下の3ステップで効率良く「たとえツッコミ」
が適切なタイミングで行えるようになります。

  • フレーズ集から良質かつ大量のインプットを行って、それを真似する
  • 例えを生み出すコツを理解してフレーズ集がなくても自作できるようになる
  • 日常会話や雑談などで実践を重ねて成長していく

何の知識もないままに、見よう見まねでツッコミを入れようとしてもすべるだけですが、
クレバー・コミュニケーションで身につけた知識を活用することで大ハズレすること無く
ユーモアのある会話ができるようになります。

失敗しても、従来であれば絶望感しか感じなかったものが、どうして失敗したのかを分析
できるようになりますから、今度はリベンジしようといった具合に、自然とプラス思考で
取り組めるのも大きいですね。

【続きを開く】