listenpower

英会話の勉強で難しいと感じられるのが、発音聞き取りではないでしょうか。

ネイティブなどが話している英語が聞き取れない、自分が話した英語が相手に通じないと
いった具合にコミュニケーションが成り立たない状態だと、単語やイディオム、文法など
の知識をどれだけ増やしたところで、英会話がスムーズに行えません。

特に辞書などに書かれている発音記号に書かれている通りに声に出しても、ネイティブに
通用しないという経験をすると、ついつい悲しくなるものです。

英語が聞き取れない、相手に通じない原因として、言語学者のスコットペリーさんは会話
における周波数の違い
をあげています。

日本語が125hzから1500hzの範囲内におさまるのに対し、英語は2000hzから12000hz
と全く重なることがないため、人間の頭脳の本能的なはたらきとして、普段聞き取ること
のない音を全て「雑音」だとして無視してしまうため、正しく英語を聞き取れない
という
わけです。

にぎやかな場所で雑談をしていても、話し相手の声は正しく聞き取れるのに対して、隣で
赤の他人が大声で話すようなことでも無い限りは、ざわざわとした雑音は無意識のうちに
全て無視しているものですが、これと同じ状況が英語でも起こっているのです。

そこで、スコットペリーさんが英語と日本語の周波数が異なるという問題を解決するため
に、聴くだけで日本人が英語を聞き取れるようになるソフトウェアを開発しました。

それが「リスニングパワー」です。
どのようなものなのか、以下のサンプル動画で確認してください。

【続きを開く】