taikanjiku

ゴルフでスコアアップをするには、無駄打ちを無くすことが重要なことは明らかです。

1ホール平均3パット必要だったものが2パットで抑えられるようになれれば、18のスコア
アップが実現できますし、グリーンオンのためのアプローチを一発で決められれば最低10
はスコアが縮まるのではありませんか?

スコアアップを実現するには闇雲に飛距離を伸ばそうとするよりもコースマネジメントを
的確に行えるようになる必要があると指摘をする人も居ますが、的確なスイングができて
こそのマネジメント
ですから、しょせんは鶏と卵の話の片割れでしかありません。

どちらか一方だけを重視すればいいのではなく、当然ながら両方必要です。

そこで、スイングにおいては飛距離を伸ばすだけでなく、狙った位置にボールを落とせる
正確なショットが求められる
わけですが、クラブによって変わりますが、あなたが自信を
持って、狙った位置にボールを落とせる範囲は何ヤードまでですか?

いつでも運次第という恐ろしい状況かもしれませんし、無茶振りしなければ、おおよその
飛距離は予想できるという状況かもしれません。

あなたがスイングの安定性に悩んでいるのであればPGAティーチングプロの坂本龍楠さん
が提唱する「体幹軸ゴルフスイング」が役立ちます。

体幹軸ゴルフスイングにおけるポイントは以下の2点しかありません。

  • 「体幹軸」を中心とした回転運動を知る
  • 「左右対称のスイング」を身につける

この2つができれば、無茶振りをしなくてもドライバーで20ヤードは遠くにとばせますし
ボールの高さや距離をコントロールできるようになりますので、ショットの飛距離と安定
性が大幅に向上
します。

この体幹軸ゴルフスイングを独学で学べるのが「体幹軸ゴルフスイング マスターパック
です。

これまでに1000名以上の実績があるスイング理論を身につけられます。

ティーショットだけでなく、アプローチやバンカーショットやパッティングまで網羅して
いますので、他のスイング教材は不要になるほどの充実した内容です。

【続きを開く】