2kentiku

二級建築士試験に合格するまでに必要な学習時間としては、学科と設計製図を合わせて
1000時間程度という人もいれば、学科300時間、設計製図100時間で十分だという人も
いるように、非常にばらつきが大きいものです。

もちろん、初受験なのか、何度も不合格を経験しているので基本的な知識が頭のなかに
既に入っているかによっても異なりますし、学習効率にも個人差がありますから、結果
として大きな差として現れるわけです。

あなたの場合はどうでしょうか?

しかし、二級建築士の和田幸徳さんは、1日90分の勉強を3ヶ月も続ければ、学科試験
に合格できるレベルの実力をつけることは十分可能
だと言います。

この二級建築士試験対策方法をまとめたのが「二級建築士簡単合格法」です。

学習時間の合計が135時間ですから、あまりにも少ないのではないかと、逆に疑わしく
感じるかもしれませんが、問題集を1冊用意して1日33問解くだけで十分だと言ったら
納得できるのではないでしょうか。なお、法令集は別に1冊用意します。

本当に、これだけの学習量で十分なのかと心配するかもしれませんね。

しかし、和田さんが提唱する二級建築士簡単合格法を実践した人が次々と二級建築士
試験の学科試験に次々と合格している
という実績がありますので心配はありません。

二級建築士試験では、学科試験以外に設計製図試験もありますから、ここで3年連続で
不合格になると学科試験から再びやり直すというのは苦痛なものですから、学科試験は
さっさと通過して設計製図試験に注力するようにしましょう。

【続きを開く】