dream

ソフトボールのピッチャーとして活躍したい
という願望はあっても、現実が全く追いついていない状況ではありませんか?

あなたの現状がどうなのかは分かりませんが、ピッチングがまともに行えないレベルの初心者
から、弱いチームであれば抑えられるけど、強豪チームが相手だと打たれてしまうという具合
に、さまざまなケースが考えられます。

あなたもピッチングを上達するために練習を重ねたり、積極的に情報収集をしているとは思い
ますが、ソフトボール元日本代表ピッチャーで現在は淑徳大学ソフトボール部で監督を務める
増淵まり子さんは、自分一人で研究したり、部活の先輩や指導経験の乏しい監督やコーチなど
から教わった程度では上達するのは難しい
と指摘します。

かなりバッサリと切り捨てていることに驚くかもしれませんが、強豪チームとの試合で勝てる
ピッチャーになるためには、ある程度の知識と経験を持つ専門家から指導を受ける必要がある
というのは事実だからです。

指導者が居ないチームで選手同士が力を合わせて難関チームに立ち向かうというのはドラマや
アニメなどでは珍しくもないシーンですが、あまりにも現実離れした話だからこそ美談になる
わけですし、フィクションでしか描けないというわけですね。

しかし、実力のある指導者から学べるチャンスがあるソフトボールチームというのは限られて
いますし、年数回程度のソフトボール教室で、実績のある指導者から指導を受けても上達する
のは無理でしょう。しょせんはファンクラブのイベントレベルでしかないからです。

そこで、世界トップレベルのソフトボールピッチング指導を小学生でも分かるように増淵さん
が説明した教材「増淵まり子ピッチング・メソッド」が役立ちます。

全てDVD動画で説明していますので、文章や画像だけでは理解できない動きなども正しく理解
できますし、日々の練習で再現する際にも役立ちます。

【続きを開く】