spike

バレーボールだけにかぎらず、スポーツで上達しようと思ったら練習は欠かせません。
本を読んで学んだ程度ではマスターできるわけがないからです。

練習することで、どのように体を動かせばいいのかが自然とわかるようになってきますし
反復練習で慣れてくると頭を使わなくても応用が効くようになってくることから、瞬時の
反応も可能になるといったメリットが得られます。

その一方、反復練習で同じミスを繰り返したり、動きが安定しないというケースも珍しく
ありませんが、やる気が無いとか、集中力が足りないためにミスをするといった指導者が
言い出しそうな理由以外にも、どのように動けば良いのか身体がわかっていないことから
練習量だけを増やしても全く疑問が解決しない
という場合も少なくありません。

適切な動き方がわかっていないのを、個人のヤル気や精神力の問題であるとか、センスの
有無だけで決めつけたり、指導者がダメ出しをしているだけでは、死ぬまで練習を続けた
ところで、上達するのは無理ではないでしょうか。

あくまでも、頭のなかで動きがつかめている状態で、考えることなく身体を動かせるよう
にするのが反復練習であり、とにかく練習すれば上達するようなものではないのです。

そこで、バレーボールの中でも苦手意識を持つ人が少なくない「スパイク」を反復練習で
上達できなかった理由を含めて、元日本代表の加藤陽一さんが何を学んで実行すれば上達
できるのかをまとめたDVD動画マニュアルを作成しました。

それが「スパイク上達革命」です。

もちろん、スパイク上達革命を実践するにあたって、日本代表レベルの能力は不要ですし
小学生から中高年まで、全くのバレーボール未経験者でも問題ありません。

【続きを開く】