mentaltraining

>>公開は終了しました<<

スポーツの試合や演技などの本番で、緊張をしすぎて思い通りに体が動かせなかったり
判断ミスをするケース
は決して珍しくありません。

あなたも悔いの残るようなミスをしたことがあったかもしれませんね。

かつては、試合や本番で緊張するのは日頃の練習が足りないのが原因であって、自信を
持って取り組めないからだといった精神論が声高に言われていたものですが、現在では
日頃の練習と本番との違いを意識したメンタルトレーニングの重要性が知られるように
なってきました。

しかし、不適切なメンタルトレーニングが行われているところも少なくありません。

「ネガティブな発言はしてはいけない」
というのは、一見すると常識のように思われがちですが、プロスポーツや日本代表選手
などのスポーツメンタル指導を専門に行っている株式会社サンリの臼井博文さんは真逆
のことを言っています。

つまり、ネガティブな発言をすることは全く問題ないばかりか、無理に抑えこむ必要は
なく、どんどん声に出していっていけばいい
と断言します。

にわかには信じられないかもしれませんが、ネガティブな発言を一切しないということ
自体が非人間的な考え方や行動であり、そもそも努力してもできるわけがないのです。

なお、臼井さんはネガティブな発言をした上で、その直後にポジティブな発言で上書き
することでマイナスイメージを取り消すことができるだけでなく、メンタルの強化にも
つながる
と指摘します。

これだと精神面にも無理がありませんし、自然とタフなメンタルが身につくようになり
ますから、メンタルトレーニングの効果が出てくるというわけなのです。

そこで、本当に効果のあるメンタルトレーニングを誰でも実践できるように、臼井さん
が「本番で実力を発揮するメンタルトレーニング」というマニュアルを作成しました。

すでに1000名以上が実践して効果を上げています。
1日10分あれば十分な効果が期待できます。