tarrot

あなたがタロット占いを難しく感じるのは、リーディングがうまくできないからではない
でしょうか。

大アルカナ、小アルカナのタロットの意味を覚えて、占うにあたってタロットをめくった
のはいいけれど、そのままリーディングするのが難しかったり、明らかに正反対の内容だ
という場合に、どのように解釈すれば良いのか困ってしまう
といった経験は何度もあった
かもしれません。

タロットの「意味を当てはめる」というだけの単純作業を繰り返していると、解釈が矛盾
したり、解釈できずにゆき詰まってしまうと指摘をするのは、タロット占いを初めて30年
以上のキャリアを持つ茂内重幸さんです。

このタロットの解釈に関する問題を解決するために茂内さんが「シンボルイメージ法」を
開発しました。

シンボルイメージ法とは、タロットの絵柄の象徴に注目して解読するという茂内さん独自
のリーディング手法のことであり、簡単にいえば、個々のタロットの意味を全く無視して
絵を見た感想を広げていって解釈していく
という考え方です。

特にコンビネーションリーディングを行う際には非常に効果的です。

タロットの意味という土台を無視するだけですから、最初のうちは非常に難しく感じるか
もしれませんが、相談者の質問に適したスプレッドを行うのに苦しむことがなくなります
し、タロットを覚えなくてもリーディングができるようになるという点では負担が少なく
なるわけです。

このシンボルイメージ法を自宅でも一人で学べるようにしたのが、「プロ占い師が明かす
タロット占いの極意
」です。

実際にリーディングをしていて困ったことがあればメールサポートがあります(3回まで)
し、電話を使った直接サポートも可能ですから、悩みを抱えたままの状態で解決できずに
行き詰まるといった心配はありません。

【続きを開く】