legend

中学校であれば進級ができなくなる「赤点」はないとしても、テストで点数が取れないと
当然ながら順位は下のほうですし、通知票や内申点もひどい状況
かもしれません。

地域によって内申点の扱いは異なりますから一概にはいえませんが、内申点が悪すぎると
公立上位高校の場合にはテストで満点をとっても合格できないことが予想されますので、
普通のペーパーテストの受験すらできない場合が一般的です。

公立高校の推薦入試の場合は内申点がもっとも重要なポイントですから、尚更ですね。

その一方、私立高校の扱いも地域によって異なり、偏差値28など劣等生のたまり場という
ところもあれば、開成や灘、慶應女子や豊島岡女子のように優等生しかいないような高校
もあったりという具合に極端ですが、内申点の扱いは公立と比べると少なめです。

このため、内申点が悪かったとしても、短期間で一気に劣等生から優等生に「変身」する
ことができれば、地域によって選択肢は変わりますが素晴らしい高校に通えるチャンスは
あるわけです。

しかし、長年にわたってテストの成績が悪いのにも関わらず、短期間で一気に成績アップ
するなんてことは可能なのでしょうか?

今はアラフィフの神代しんさんは、中学2年のテストの成績は、下位3分の1という劣等生
だったといいますが、2ヶ月後には上から数えて16位、更に3ヶ月後には学年トップにまで
登りつめた
というのです。

今は、この時に身につけた学習法を教えているそうですが、神代さんと同じように劣等生
が次々と数ヶ月でトップレベルの成績を取った
といったら驚くのではないでしょうか。

この神代さんの学習法をマニュアルにしたのが、中学生勉強法「The 伝説」です。

一般的には、数学や英語といった科目は過去からの積み重ねが必要だから、つまづいた所
まで遡って勉強し直す必要があると言われますが、そんな悠長な勉強では中学卒業までに
間に合うわけがありません。

そこで、短時間で一気に成績が上がるように、中学生勉強法「The 伝説」では、脳科学の
メカニズムを応用したり加速学習の手法を取り入れています。

勉強時間を極限まで短縮することで、勉強の苦痛を感じることなく成績アップを達成して
一気に学習のモチベーションを高めることができるのです。

【続きを開く】