taikanjiku

ドライバーなどの飛距離を伸ばすには、筋肉を鍛えてヘッドスピードを上げるのが一番だ
と思っていませんか?

無茶振りをすればヘッドスピードは上がりますが、ボールがどこに飛んで行くのか予想も
つかなくなりますし、コースマネジメントができればスコアアップは可能だから飛距離を
追いかける必要は一切必要ないという意見は、あまりにも極論過ぎます。

コースマネジメントが出来ないよりは出来たほうが良いのは間違いないとしても、それに
遠くまでボールが飛ばせる実力が備われば、選択肢の幅が広がるわけですから、さらなる
スコアアップが狙える
というわけです。

しかし、飛距離を伸ばすどころか老化のために若い頃と比べてボールを飛ばせなくなった
と嘆いているのではありませんか?

まだまだ年齢的には若いけど、クラブの力をうまくボールに伝えきれていないという状態
かもしれませんね。

PGAティーチングプロの坂本龍楠さんは、今までに1000名を超えるアマチュアゴルファー
を指導してきたと言いますが、スイングを独学で学んで練習することで、悪い癖がついて
いるケースが多い
と指摘します。

最初のうちは、ゴルフ教室などでティーチングプロなどから学んでいても、その人の指導
力が低かったり、少しゴルフに慣れてきた段階で一人で練習するようになった後、知らず
知らずのうちに悪い癖が出てくるようになるといったケースが実に多いのです。

定期的にゴルフ指導者にスイングをチェックしてもらうというのは、時間・費用面ともに
難しいでしょうから、ある程度は仕方がない面もありますが、気づかないうちに悪化する
ケースが多いことから注意が必要です。

そこで、坂本さんが速効性があり、効果の高いスイング理論として教えているのが以下の
2点です。

  • 「体幹軸」を中心とした回転運動を行う
  • 「左右対称」のスイングを身につける

言葉で説明するのは簡単ですが、実践するのは意外に難しく感じるものです。

そこで役立つのが「体幹軸スイング ゴルフ上達プログラム」です。

【続きを開く】