バドミントンだけに限った話ではありませんが、練習しないと上達できないことは明らか
だとしても、練習しても上達できるとは限らないというのは非常に厄介です。

練習量が足りないから上達できない
というのは、指導者が叱咤激励する時の定番ですが、練習しても上達できないとなると、
練習量だけを増やしたところで上達するのはますます難しくなるばかりです。

体に覚えさせるために反復練習は必要という反論が必ずといっていいほど出てきますが、
人間は「意味のないこと」を続けることが嫌いですから、何らかの理由でもつけない限り
無駄なことは今すぐにでもやめようとしますし、無理やり続けるにしても、疲れないよう
に手抜きをするのが一般的です。

意味のないことに対して、延々と集中して取り組むことはできません。

単純に同じ練習を繰り返して練習量を増やしたところで簡単には上達しませんので、練習
内容を変えてみることで、練習の質を上げる必要があります。

そこで役立つのが「簡単バドミントン上達法」です。
ただきついだけの、長時間に渡って行う辛い練習は必要ありません。

1日数十分程度の練習を行うだけで、11日後には、今まで長時間にわたって取り組んで
きた練習がいったいなんだったのか
と思わずうなってしまうほどに、一気に上達できると
いったら驚くかもしれませんし、にわかには信じられないのではないでしょうか?

  • スマッシュが劇的にうまくなる
  • サーブの入る率が高くなる
  • クリアがうまくなる

などといったら、なおさら信用出来ないかもしれませんね。

【続きを開く】