syubi

野球では、バッティングがいまいちだったとしても、守備でエラーを絶対にしないという
信頼感を監督やコーチに与えることができればレギュラーは十分狙えますし、レギュラー
がとれなくても、守備固めのための代打要員として試合に出場できる可能性は十分にあり
ます。

逆に打撃が素晴らしくても守備が絶望的に下手な選手の場合、指名打者(DH)があれば
最適なポジションといえますが、プロ野球のパリーグと一部の大学野球大会で採用されて
いるだけですから、一般的には守備が下手な人がつくポジションといわれる外野や1塁で
監督やコーチはエラーをしないかヒヤヒヤしながら見るといったところでしょう。

ある程度の点差ができれば、後半で守備固めのために交代という流れが一般的ですから、
守備巧者になれば試合に出場できる機会は極めて多いといえます。

また、バッティングに関しては好調・不調の波がありますし、スランプにはまってしまう
と中々改善できないという点が悩みですが、守備では不運なエラーが出る場合があったと
しても、通常は実力通りの成果が出せますから、非常に体調が悪かったり精神的に参って
いるといった異常な状況でなければ安定したパフォーマンスが期待できます。

しっかりとした守備ができるようになるためには何をすればいいのでしょうか?

捕球や送球でもたつくのは論外としても、適切な判断ができなければ目測を誤ってフライ
やゴロを取ることができませんし、バウンドしたボールを拾えずにそらしてしまったり、
顔面や身体がボールがあたって怪我をすることにもなりかねません。

また、複数の選手間の連携プレーができなければ、暴投でエラーということにもなりかね
ませんし、フィルダースチョイスも起こしかねません。

そこで、イチローマニアとして有名なメジャープレイヤーの川崎宗則さんが、どのような
知識を身につけて、練習をすれば効率良く上達できるかをまとめた「川崎宗則の実践守備
マスタープロジェクト
」という動画マニュアルを作成しました。

二塁手・三塁手・遊撃手が対象ですので、1塁や外野、キャッチャーの守備強化には使え
ません。

プロのレベルの高度な技術を学んでも身につかないと思ったかもしれませんが、少年野球
の基本中の基本レベルから徐々にステップアップしていきます
から心配は不要です。

1週間、2週間と実践することで、今まで守備が上達できなかったのがウソのように思える
のではないでしょうか。

【続きを開く】