強打者になるためには、小柄よりも大柄な方が有利だと思っていませんか?

一般的には、足や手の長さはもちろんのこと、筋肉の発達状況などから、身体が大きい方
が身体能力が高い傾向にあることから大柄な方が有利などと言われていますが、必ずしも
正しいとは限りません。

小柄な選手でも強打者は数多く存在しているからです。
あなたも思い当たる選手が頭のなかに浮かんできたかもしれませんね。

「お父さんのための野球教室」を主宰する桜井一さんは、強打者と貧打しか打てない打者
とでは、全身の力を最大限バットに伝える方法を知っているかどうかの差があると指摘を
します。

無駄なくバットにエネルギーを伝達できれば、小柄な選手でもホームランや強打を打てる
一方、体格が豊かで身体能力が高かったとしてもバットに伝えるエネルギーロスが大きい
と貧打を量産する結果になりかねません。

一般的には、正しいバッティングフォームや打ち方を身につければ、このエネルギーロス
も最小化できると考えがちですが、実際には全くといっていいほど当てはまりません。

そこで、桜井さんがパフォーマンスアップジム「ウイニングボール」で代表を務める松尾
祐介
トレーナーの協力を得て、驚くほどバッティング力を向上させることができる身体の
使い方が身につけられる動画マニュアル
を作成しました。

それが「松尾祐介のPOWER LINE打法」です。

例えば、バッティングにおいて「タメ」や「カベ」を作ることが重要であることは改めて
指摘するまでもないと思いますが、お腹に力を入れれば可能であることはわかっていても
バッティングスイングの全てで意識的にお腹に力を入れるのは難しいものです。

そうではなく、松尾さんは、自然とお腹に圧がかかる「カラダのポジショニング」を作る
ことが重要だと指導しており、それが「POWER LINE打法」のベースとなります。

【続きを開く】