サッカーでFWやMF、ボランチなどとして、相手チームのゴールを狙うべく攻撃を仕掛け
ても、必ずといっていいほどに、相手チームのディフェンスに抑えられてしまうといった
繰り返しになっていませんか?

個人技のレベルが低いためにボールが取られるのか、チームとしての攻め方に問題がある
のかによって対策も変わってきますが、個人レベルで解消できる問題に関しては、クリア
しておくほうがチーム内でも重宝されるようになりますし、レギュラーとしての出場機会
も増えますので、ぜひとも身につけておきたいものです。

Jリーグやスペインリーグ、ワールドカップで日本代表選手として活躍し、現在は指導者
として後進の育成に励んでいる城彰二さんは、ボールを無意識にコントロールすることが
できるレベルまで到達することが重要
だと指摘します。

それ以外にも、日本のチームでは練習することが少ないプレーであったり、ディフェンス
の動きを遅らせたり、完全に動きを封じ込めて、イエローカードやレッドカードを覚悟で
ファールをさせるしか方法がない状況に追い込んでしまう方法など、知っているだけでも
非常に有利に攻撃できる方法や練習法を知っておく必要があると城さんは指摘します。

これらのポイントを身につけていると、あなたの足が極端に速くなくても相手チームのDF
に妨害されることなく、キーパーとフリーでシュートが打てる状況を作り出せたり、威力
のあるシュートが打てるようになりますので得点チャンスが一気に増加します。

この城さんが教えるストライカー上達の秘密は、一部のエリートしか実践できないような
ものではなく、サッカーを上達させたいという意欲があれば誰でも実践できますし、着実
にマスターできますので、運動神経が劣っているからといって諦める必要はありません。

このサッカー攻撃の上達法をまとめたのが「ゴールからの逆算」です。

【続きを開く】