バドミントン初心者・未経験者を効率よく上達させるためには、どのような指導をすれば
いいのでしょうか?

基本動作を反復練習させておき、ある程度、様子を見てから上達しそうな人だけを選んで
実践的な指導を行うというケースが一般的ですが、上達スピードに個人差が出るのは当然
ですから、なかなか上達しない人に対しては練習量を増やすように言う程度でしょうか。

部活などであれば、上達を諦めて補助的な作業をするように仕向けたり、退部を促すこと
もあるかもしれませんし、とりあえず怪我なく過ごせたらいいということで、ダラダラと
した雰囲気でほったらかしにしているかもしれませんね。

しかし、チーム事情などで上達が遅れている人に対しても短期間で効率よくレベルアップ
させないといけなかったり、そもそも論として、バドミントン経験が少ないにも関わらず
指導者にならざるを得なくなったので、どのように指導すればいいのかわからないという
状況で困っているのではないかと思います。

そこで、上達するかどうかのポイントは「はじめに正しいフォームから練習したかどうか」
だと指摘をするのは、近畿大学バドミントン部トレーナーで大阪バドミントン協会強化部
スタッフの有田浩史さんです。

普段は鍼灸師として、はりきゅうの治療を行っていますが、現役時代には全国大会で多く
の優勝、準優勝といった素晴らしい実績を持つ名プレイヤーとして知られています。

しかし、「正しいフォーム」といっても、模範演技を見せて反復練習をしただけでは上達
スピードに大きな差がでますので、教える順番が重要となりますが、まとめて説明した後
に反復練習といった流れになることが多いのが実態です。

そこで、バドミントン未経験者が、同じくバドミントン未経験者に指導するという最悪な
ケースだったとしても、3ヶ月もあれば基本的な動きをマスターできるようになるという
指導法・練習法をまとめたDVD教材を有田さんが公開しました。

それが「有田浩史のゼロから始める!バドミントン上達テクニック」です。
DVD3枚組、154分の動画で具体的に説明しています。

【続きを開く】