衛生管理者試験(第1種、第2種)は、最低でも月1回は開催されていますので、受験が
できるチャンスは多いですが、合格率50%前後と言っても、一発合格できる人もいれば
なかなか合格できない人もいたりとさまざま
です。

あなたもなかなか合格できずに苦労しているのではないでしょうか?

  • 多忙で勉強時間が確保できなかった
  • 専門用語がなかなか覚えられない
  • 過去問を繰り返し解いても頭のなかに残らない

などと言った具合に、学生時代のようにはいかずに困っているかもしれません。

じんじ労務経営研究所所長で、各種資格学校で社会保険労務士、中小企業診断士、公務員
試験、宅建士、行政書士などの受験指導を30年以上にわたって行った社会保険労務士の
坪義生さんは、衛生管理者試験に合格するために必要なポイントだけを絞って勉強すれば
短時間で効率よく合格ラインにたどり着ける
と指摘します。

参考書や通信講座などでも、一見すると学習範囲の絞り込みを行っているように見えます
が、実際には、まんべんなく取り上げているケースが珍しくなく、(実務では必要になる
かもしれないが)試験合格には不要な項目も少なくありません。

そこで、坪さんが長年の経験から「本当に最低限の学習項目」だけに絞り込んだ試験対策
が行えるように、「衛生管理者試験に1回で合格するツボ式学習法」というマニュアルを
作成しました。

衛生管理者試験に1回で合格するツボ式学習法は、第1種、第2種のどちらにも対応可能
となっており、1日50分、1ヶ月間で合格ラインに到達することが可能です。

わからないことがあればメールサポートで気軽に相談できます。
メールサポートの回数・期間は無制限ですので、何度でも質問ができます。

なお、別途2000円の参考書が1冊必要になります。この参考書は書店で購入できます
し、近所の書店で見つからなければamazonなどで手軽に購入できます。

【続きを開く】