draw

あなたのドライバーでの自己ベストは何ヤードですか?

あくまで一般論としてですが、ドライバーの飛距離は以下の公式を用いて計算できます。

ドライバーの飛距離 = ヘッドスピード(m/s)× ミート率 × 4
ミート率 = ボール初速 ÷ ヘッドスピード

要するに「ボール初速」を4倍すれば、おおよその飛距離がわかるというわけです。

アマチュアゴルファーのドライバーにおける最大飛距離の平均値は、男性230ヤード、
女性175ヤード
となっていますが、あなたのスコアと比較してどうだったでしょうか?

「ボール初速」を4倍した数値よりも、あなたのドライバーの飛距離の方が悪かった場合
には以下の2つの原因が考えられると指摘するのは、PGAティーチングプロの竹内雄一郎
さんです。

  • 意図しないスライスボールを打つ
  • ヘッドスピードが低すぎる

この2つの原因を解決するだけで30ヤードは飛距離を伸ばせると竹内さんは言います。

そこで、竹内さんがゴルフ指導を行う際に用いる以下の2つのプログラムを、自宅で手軽
に学べるように「ドロー飛距離アッププログラム」として公開しました。

  • スライス卒業プログラム
  • 飛距離アッププログラム

スライス卒業プログラム」は5つのステップを順番に実践していくだけで、スライス癖
が今まで全く抜けなかった人たちが次々とドローボールを打てるようになりました。

また、「飛距離アッププログラム」は9個のポイントを順番にクリアすることでスライス
の矯正と合わせて、ドライバーだけでなく他のウッドやアイアンでも飛距離が伸びるよう
になります。

その結果、ティーショットであれば2打目以降が楽になりますし、コースマネジメントを
行う上でも選択肢の幅が広がりますからスコアアップにも直結するわけです。

【続きを開く】