勉強をしても成績が上がらない、合格できないのは、頭の出来が悪いからだと言われます
が、必ずしも正しくありません。

本当に頭の良い天才もいますが、世の中の大半の優等生は効率よく勉強するための学習法
を何らかの形で身につけて、新しいことを学ぶたびに実践して成果を出し続けてきただけ
ですから、その学習法が身についていなければ劣等生だった可能性が非常に高いのです。

この学習法というのは、一部の賢い人しかマスターできないようなものではなく、手順を
知ってしまえば誰でもマスターできます
し、実際に偏差値30から東大に合格したなどの
劣等生から優等生に一気にレベルアップできた人は、能力の差などと言った外野からの声
は全て無視して身につけた結果でしかありません。

優等生になるための学習法を学ぶだけであれば、2時間もあれば十分です。

しかし、「学ぶ」のと「実践する」のとでは違いますし、新しいことを実践するのは苦痛
やストレスを感じやすいことから、モチベーションを維持するのが難しく、成果が出ない
とすぐにやめようとする人間本能がはたらいて、挫折するのです。

この差が、能力のある人と無い人の違いなどと説明される部分ですが、勉強法研究会代表
で勉強法アドバイザーの中村タケシさんは、勉強の普遍的な法則を知ってしまえば、誰も
がモチベーションを落とさずに、学習効果を一気に引き上げることが可能と指摘します。

この学習法を誰もが実践できるようにマニュアルにまとめたのが「勉強の説明書」です。

学校の定期テストや入学試験から、資格試験まで幅広く使えます。
試験の難易度は関係ありません。

【続きを開く】