絵を描くこと自体が苦手な人はいうまでもなく、そこそこ、思い通りに絵画を描ける人で
あっても漫画を書くのは難しい
ものです。

あなたも実感しているのではないでしょうか。

決して、絵を描いてセリフをつければいいといった簡単なものではなく、4コマ漫画でも
ストーリー展開やキャラクター設定をはじめとして、読者が続きを読みたくなるコマ割り
であったり、無駄な工程戻りを減らしてスムーズに仕上げるスピード感などが必要です。

時間をかければ良い作品に仕上がるなどと考えて、いつまでも手直しを続けていたら完成
させることは不可能ですから、ある程度のレベルまでは一気に到達できるようにする必要
があります。

現代では、漫画の作成方法を知るのは簡単であって、入門書などを読んだりネット検索で
知りたい情報やノウハウを集めることで、それなりのレベルに到達することはできますが
自己流で試行錯誤を続けていると、早い人はあっという間に上達していく一方、なかなか
上達できずに悩む人も少なくないという具合に個人差が非常に大きくなりがちです。

ある程度のレベルの漫画をかけるようになるために身につける必要がある項目は多いです
から、なかなかゴールが見えずに途中で挫折する場合も珍しくありません。

あなたも先行きが見えずに苦労しているのではないでしょうか?

そこで役立つのが、「漫画の描き方」41日間プログラムです。

漫画家の佐々木慧さんが作成した、漫画をかいたことがない初心者でも41日あればプロ
のテクニックやスキルを身につけられるというマニュアル
です。

市販の書籍やWebサイトでは見つけられないような

  • 流れるような線をかけるようになるためのペン先の使い方
  • 複雑な人工物を思い通りに描くための5つのポイント
  • デッサンに必要な骨格を1分で描けるフォーマット
  • 自然物に不自然さを感じさせない方法
  • あなたと異なる性別のキャラ設定をスムーズに行う方法

などを学べるだけでなく、上達するためのトレーニング方法も網羅しています。

【続きを開く】