勉強時間を伸ばしたところで学習効率が悪ければ、それほど勉強したことにはなりません
し、せっかく学んだことを簡単に忘れてしまうケースも多いものです。

当然ながら、学習効率が悪いと勉強したことが身につきませんので、テストの成績も悪い
ですし、このような失敗経験が何度も続くと勉強しても無駄だと思って諦めてしまう場合
も決して珍しくありません。

あなたも今までに経験したことがあるかもしれませんね。

この問題に対する一般的な解決策としては、学習効率が悪くても勉強時間を伸ばせばいい
のだから、屁理屈を捏ねている暇があったら、1分でも多く勉強しろと言った不毛なもの
ばかりで、学習効率そのものを引き上げる方法というのは、ほとんどありませんでした。

能力開発研究者の川村明宏さんは、学習効率を上げるためには「見る」「聴く」「書く」
「話す」「記憶する」という能力を引き上げる必要があると指摘しますが、これだけだと
どこから手を付けていけばいいのか悩むのではないでしょうか。

そこで、この5種類の能力を誰でも簡単に引き上げることができるように、1日数分から
取り組める簡単なゲーム
を公開しました。

それが「川村明宏のジニアススタディ」です。
このゲームはWebサイト上に用意されていますので、いつでも手軽に実践できます。

毎日、少しの時間だけでもゲームに取り組むことで、「見る」「聴く」「書く」「話す」
「記憶する」という能力が飛躍的に伸びていき、学習効率も飛躍的に向上します。

それこそ、今まで3時間かかっても身につかなかったようなことが、わずか10分で身に
つくようになる
わけです。

【続きを開く】