効率よく勉強をするというと、一般的には以下の2種類の方法が考えられます。

  • 優等生が行っている学習法を真似する
  • 速読法や記憶術などをマスターする

どちらも難しいと感じるでしょうし、いずれも即効性は期待できません。
マスターするまでには、それなりの時間が必要になるものです。

しかし、ひらがな速読法認定講師の中嶋進さんは七田チャイルドアカデミーで高速学習
の研究を行い、教材を開発し続けているという吉岡節夫さんが提唱する「ひらがな速読
」をマスターすれば、ストレスフリーかつ学習効率を一気に上げることができるだけ
でなく、テストで好成績を残したり、短期間で試験に合格することも可能
と言います。

「ひらがな速読法」とは、一体どういうものなのでしょうか?
1日5分あれば実践できる簡単な作業だと中嶋さんは言います。

この5分間を用いて、あなたが行うことは以下の2つだけです。

  • 眼の運動
  • 乱数を使ったインプット/アウトプット

この作業は、あなたが起床してから勉強を始める前に行うだけで十分であって、勉強は
いつもと同じように取り組めばいいわけですから、特別な学習法や速読術、記憶術など
を覚える必要は一切ありません。

このひらがな速読法を用いた超効率的学習法を学べるのが「パステスト・プログラム
です。

ひらがな速読法を実践することで理解するスピードが劇的に向上しますので、今までと
同じ要領で勉強をしていても、今までよりも多くのことを理解し覚えられるようになり
ますので、あっという間に優等生になれるわけです。

なお、眼の運動では、いつも使わない目のまわりの筋肉を使ったりしますので、最初の
うちは目の疲れを感じる
と思いますが、筋トレと同じで慣れてくれば疲労感はなくなり
ますし、3日もすれば慣れますので、筋トレのように何ヶ月、何年と悩まされる心配は
ありません。

【続きを開く】