テニスのサービスサーブ)がうまく決められないと悩んでいませんか?

フォールト(フォルト)にならないようにサービスをするだけでも苦労しているかもしれ
ませんし、相手チームの選手に簡単に打たれてしまって、ブレイクされるという状況かも
しれませんね。

サービスエースが取れたら気持ちいいだけでなく、試合での勝利も大きく近づけますが、
フォルトになっては意味がありませんので、とりあえず入れるだけのサーブになっている
のではないでしょうか。

トスを安定的に同じように上げることができないからサーブが安定しないと悩む人が多い
のですが、テニスコーチの新井湯太加さんは、そもそも毎回同じようにトスを上げること
自体が不可能に近く、「トスは二度と同じ場所には上がらない」という前提でスイングで
微調整する必要がある
と指摘します。

これだけ聞くと非常に難しいことであるかのように感じられるかもしれませんが、誰でも
簡単にトスに合わせてスイングができる方法がありますし、ボールの回転をコントロール
することで、サーブが面白いように決まる
ようになると新井さんは言います。

この強烈な回転の掛かったサーブを自然にフルスイングで打てるようになるための方法を
新井さんが新井流フルスイングテニス塾「確率&スピードを自在に操る回転系サービス」
というDVD動画マニュアルとして公開しています。

テニス初心者はもちろんのこと、小学生でも手順や練習法を学んで実践すれば、短期間で
着実にマスターできます。

わからないことがあればFAQ集もありますし、個別メールサポートで解決できます。

【続きを開く】