ゴルフはメンタルのスポーツ
といわれますが、当然ながら、ゴルフクラブをボールにまともに当てることも出来ない
初心者レベルは論外ですし、ある程度の飛距離とコントロール力が備わっていることが
前提
です。

少なくとも、ゴルフ練習場ではドライバーで200ヤード飛ばすと決めたら、しっかり
と飛ばせる程度の能力がないとコースに出てから恥ずかしい思いをするだけです。

しかし、ゴルフ練習場では、それなりに思い通りのスイングが出来ても、コースに出た
途端にスイングが狂ってしまったり、調子が崩れてしまうとリカバリできずにズルズル
と何度も叩いてスコアを崩してしまうケース
は決して珍しくありません。

あなたも今までに何度も経験したことがあると思います。

あのスイングさえ良かったら
と悔やんだ経験もあったのではないでしょうか。

しかし、メンタルを強くすることは決して簡単ではありません。
脳の思考の大半はネガティブですし、変化を拒む傾向が強いからです。

これらの特徴は誰しも持ち合わせているわけですが、全く気にせずに行動している人が
いることも事実
です。

いったい、何が違うのでしょうか?

一般的には、メンタルが強い人は失敗や挫折の経験をいくつも積み重ねており、そこで
くじけずに立ち上がって再び成功することで、脳が持つネガティブ思考を粉砕している
わけですが、当然ながら、挫折する人のほうが多いことは明らかです。

そこで、失敗を克服するのではなく、思考のチャンネルを変えればいいのです。

苦手なスイングなどの際に頭脳がネガティブな考え方に支配されてプレッシャーを感じ
始めたら、気持ちをポジティブに切り替えればいいわけですが、一息入れてリラックス
とかプラス志向で考えればいいなどといった程度では全く何も変わりません。

その程度でプレッシャーを開放できれば、あなたはすでに出来ているからです。

そこで、「脳活Golf」では思考のチャンネルを切り替えるための具体的な方法を説明
しています。

練習場に行く時間がなくても上手になれますし、脳活Golfで身につけたメンタル強化
法はゴルフ以外にもプレッシャーを感じるシーンで使えます
ので、あなたの人生を良く
するのにも役立ちます。

【続きを開く】