介護福祉士試験は、日頃の業務を真面目に取り組んでいれば、特別な試験勉強は必要ない
から0時間でも合格できるという人もいますし、実際に全く勉強をしないで受験して合格
した人も少なくありません。

だから、介護福祉士試験向けの試験勉強をする時間が取れなければ、日頃の仕事を真面目
に取り組むことが受験対策などというつもりもありませんし、短期間で合格するためには
試験勉強が効果的
ですから、効率よく勉強したほうが良いことは言うまでもありません。

介護福祉士試験に合格するために必要な勉強時間は平均200時間前後だと言われますが
単純に計算すると1日2、3時間の勉強で3ヶ月前後ということになります。

しかし、介護福祉士の三島茂人さんは1日2時間の勉強を2週間行うだけで合格するのは
可能だといいます。合計しても30時間にも到達しません。

もちろん、日頃の業務を真面目に取り組んでいれば、特別な試験勉強は必要ないといった
一部のエリートしか実践できないような学習法ではなく、普通の人が普通に勉強して合格
するのに1日2時間の勉強を2週間行うだけで十分
だと言っているわけです。

三島さんが短期間で合格するために重視するポイントは以下の2点です。

  • 出題されるポイントだけに徹底的に的を絞った戦略的勉強
  • 記憶のメカニズムに基づいた学習スケジュール

勉強をするにあたって用意する必要があるのは、問題集1冊のみ
標準テキストや問題集は一切必要ありません。

この学習法をまとめたのが「介護福祉士らくらく合格勉強法」です。

【続きを開く】