練習量が多すぎたり、体の自然な動きを無視した動作を続けていると、体に負担がかかる
ようになることから、筋肉や関節、骨などに怪我をしたり、慢性的な痛みを感じるように
なります。

特に影響が出やすい部位の一つが「ヒジ」であり、野球であれば野球肘、テニスであれば
テニス肘、ゴルフであればゴルフ肘という具合に、スポーツ障害の中でも患者が多い部位
となっています。

野球肘は小学生から高校生にかけて特になりやすく、最悪の場合には、野球を諦めざるを
得なくなりますので注意が必要ですが、チームの野球指導者がスポーツ障害に対して無知
だったり、故障者が数人出たところで部員は豊富にいるから見捨てればいいと言った感覚
の持ち主だと、まったく肉体への配慮がない、厳しい練習が延々と続くことも珍しくあり
ません。

特に中学の部活は、公立高校入試向けの内申点に直結しますので、怪我を隠してでも練習
や試合に出続けないと将来の人生が狂うおそれがあるために、回復不能なほどに悪化する
まで隠すことも珍しくありませんので非常に厄介です。

奈良県橿原市でカイロプラクティック院を経営している車谷英紀さんは、スポーツ障害に
悩む患者さんたちから強い支持を受けていますが、施術当日、その場で変化が出るだけで
なく、野球肘のケアが特に得意だという点が大きいでしょう。

野球肘の痛みがなくなれば終わりというだけでなく、すぐに現場復帰できるように筋肉と
関節をトレーニングした上で、再発させない事を目的にしたリハビリを含む施術プラン
行うからです。

車谷さん自身も高校球児で春の選抜高校野球に出場した経験もありますが、当時は野球肘
に苦しめられてきたことから、辛い思いをさせたくないという強い気持ちがあります。

そこで、野球肘に悩む人を一人でも減らすために、車谷さんが素人でも取り組める予防法
と改善策を教えるDVD動画マニュアルを公開しました。

それが「野球肘0人プロジェクト」です。

野球肘0人プロジェクトのポイントは以下の2点です。

  • 野球肘は自分でもチェックできる
  • 基本姿勢をマスターする

【続きを開く】