資格試験や入学試験、定期テストなど、勉強することは数多く有りますが、なかなか期待
通りの点数が取れずに不合格になったり、進学できずに困っている
のではないでしょうか。

勉強時間が足りないから勉強量が増えないのであって、少しでも長く学習時間を確保した
方がいいというアドバイスをする人がいますが、単に時間だけを伸ばしたところで成績が
上がるわけではない
ことは、あなたも今までに経験したと思います。

もちろん、学習時間0分で十分などとふざけたことを言うつもりはありませんが、効率の
悪い勉強をいくら続けたところで、なかなか成果が出ない
ものです。

やらないよりはマシと言った程度でしかなく、頑張った割には成果が出ないということで
モチベーションが更に下がるという悪い面ばかりが目立つようになるわけです。

「勉強法研究会」代表で勉強法アドバイザーの中村タケシさんは「勉強のやり方」を学ぶ
機会がない人がほとんどであり、自己流で勉強しているのだから、優等生と劣等生の差が
出るのは当然だと指摘します。

学ぶ側からすれば、「勉強」よりも「勉強法」のほうがよっぽど役立つのにも関わらず、
学校の先生はもちろんのこと、学習塾や予備校、資格学校などの講師の大半は合格に必要
な知識を教えるだけ
ですから、ミスマッチもいいところです。

そこで、中村さんが「結果を出せる勉強法」として、秀才100人が共通して取り組んで
いる方法に着目しました。

本当の天才は、あなたがイメージする「天才」そのものですから、地頭からして違うため
まともに相手にするだけ時間の無駄ですが、秀才レベルであれば、頭脳の出来栄え自体は
あなたと全く変わらない
といったら驚くのではないでしょうか?

運良く自ら編み出したのか、優等生の親や兄弟などから教わったのかはわかりませんが、
優等生になるための勉強法を習得して実践したからこそ、結果を残しているだけです。

あなたも、今から結果を出せる勉強法を身につければ、優等生と同じように、試験で良い
成績を出せる
わけですが、その学習法を学べる機会として中村さんが「勉強の説明書」と
いうマニュアルを公開しています。

勉強の説明書は5ステップ、2時間あればマスターできます。

中村さん自身が元劣等生ということもあって、説明は劣等生にもわかるように書いている
ことから内容が難しいといって悩む心配はありません。

【続きを開く】