チェスを始めたけど、なかなか対戦で勝てないという状況が続いていませんか?

かつてはチェスの対局をしようと思っても相手探しだけでも苦労したものですが、現在は
インターネットを使うことで気軽に対戦相手を見つけることが可能となりました。

しかし、対局数だけは増え続けても、なかなか実力アップにはつながらないというのが、
チェスの奥深さであり、難しい点です。

あなたもチェスの理論や戦略、戦術や定石などを勉強していると思いますが、対局で十分
活かすことが出来ずに苦労している
のではないでしょうか。

そこで役立つのが「初心者が0から始めるチェス上達プログラム」です。

チェスを始めて4年後に、史上最年少でチェス全日本チャンピオンになった小島慎也さん
が作成しており、どのように勉強をすれば効率よくチェスを上達できるかがわかります。

チェスの試合で勝つために欠かせないのが「試合の流れをつかむ力」です。

この力を身につけるためには、試合の序盤、中盤を極める必要がありますが、定石を頼り
にしていると、崩れた時に何をすればいいのかわからなくなるため、応用力が求められる
わけですが、試合経験を通じて自ら編み出していくものという考え方が主流でした。

この応用力を高めるための知恵やノウハウを学べるのが、「初心者が0から始めるチェス
上達プログラム」なのです。

日本トップレベルのテクニックを身につけられます。

初心者が0から始めるチェス上達プログラムでは、チェスが全く未経験であっても問題が
ないように、チェスのルールから丁寧に説明されています。

ルール程度であればチェスの入門書を読んだり、googleで検索すれば簡単に見つかります
が、余分な手間を掛けないための配慮といえます。

【続きを開く】