タチウオは年間通じて釣ることが出来ますが、その中でも夏から秋、冬にかけての時期が
もっとも釣りやすいと言われています。

しかし、周りの人が大漁でも、あなただけはボウズといったケースが珍しくありませんし
いろいろと試行錯誤を重ねていても全く成果につながらないという場合も多いものです。

その理由としてあげられるのが、知識と経験が圧倒的に足りていないため、状況に最適な
釣り方や竿の動かし方、潮の見極め方などができていないなどといった具合に、さまざま
な問題点が挙げられます。

海を見て地形を知り、天候や環境などで仕掛けを選ぶことができれば、あなたも太公望の
仲間入りですが、毎日タチウオ釣りにいけないし、勉強や研究する時間にも限りがある中
で、知識や経験を増やすためにはどうすればいいのでしょうか?

最も簡単な答えとしては、上手な人から教えてもらうという方法があげられます。

タチウオ釣りが上手な人が、どのように考えて行動しているのかがわかれば、一気に上達
できます。

しかし、上手であっても一言も説明することなく、技を見て盗めと言った職人タイプの人
から教わったところで、見ているだけで上達できるほど単純なものではありませんから、
いつまでたっても現状から変わらないという結果になりかねません。

そこで、1994年頃から、週数回のペースでタチウオ釣りに取り組んでいるという山口
正信
さんが作成した「山口正信のタチウオ必釣法」が役立ちます。

まわりの釣り人がボウズでも、山口さんだけはタチウオを10匹以上は釣り上げるという
腕前の持ち主です。

この山口さんが行っている仕掛けや釣り方から、コツ、キモの部分まで、さらに、実際の
釣りの様子を動画で何度でも確認することができます。

【続きを開く】