simple

ゴルフレッスンを受けたり、マニュアルを読んだり見たりしてスイング理論の勉強をした
けど、学んだ通りにスイングができているか判断ができないケースは珍しくありません。

レッスン中であれば、ティーチングプロやゴルフ指導者があなたの動きを見て判断します
から間違っているかどうかはわかるとしても、レッスン後にスイングをする際に確認して
くれる人は居ませんし、教材で学んだ場合はチェック役は最初から誰も居ません。

ビデオカメラやデジカメ、スマホなどで撮影すれば、動画や画像を見ながらチェックする
ことは可能ですが、練習場やラウンド中の全てのスイングを撮影するのは難しいでしょう
し、チェックした結果、スイングに問題が見つかった場合に何をすれば改善できるのかが
分からなければ、問題点を修正することができません。

そこで、公式大会で404ヤードを記録したことがあるドラコンプレイヤーの安楽拓也さん
は、12個のチェックポイントを全てクリアすれば現状よりもスイングの飛距離を伸ばす
ことができる
というドリル形式の動画マニュアルを作成しました。

それが「安楽拓也の最もシンプルな飛距離アップ練習プログラム」です。

この12個のチェックポイントをすべてクリアすればドライバーで20ヤード程度は飛距離
を伸ばすことが可能
になります。

早ければ数時間には飛距離が伸ばせるという即効性も魅力的です。

各チェックポイントは、あなたの動作やボールの弾道を見るだけで一人で確認できますし
クリアできなかった時に何をすれば改善できるのか、具体的な説明と練習法が用意されて
いますので、途中で挫折すること無く目標達成までたどりつけるのです。

【続きを開く】