大学の医学部は、どこも合格するために必要な偏差値が非常に高いわけですが、授業料が
私立と比べて安く済む国公立大学の医学部は競争倍率が更に高いこともあって、合格する
のは困難です。

このため、医学部どころか国公立大学の他学部も合格するのが難しいような低学力の人に
とっては、受験しようと思っただけでもバカにされる状況です。

誰でも入れるFラン大学で我慢しておけと言われるのがオチでしょうか。

しかし、このような軽口を叩く人たちを黙らせるためには、やはり、模試などで高得点を
叩き出して合格判定を少しでも良くする必要があるわけですが、今まで勉強ができないの
にも関わらず、いきなり勉強を始めたところで、学力が急上昇することはありません。

勉強し続けていれば学力は自然に上がっていくものだと言われたところで、大学受験だけ
のために何十年も勉強し続けるのは無理な話ですから、浪人するにしても限度があります
し、短期間で学力を上げたいのは誰しも同じです。

現在はサラリーマン生活を終えて、年金生活者となっている石谷佳一さんは、学生時代は
医学部を目指したこともあったといいますが、経済的な事情で浪人ができなかったことも
あって、医学部は諦めて別の学部を卒業した後、サラリーマンとなったといいます。

サラリーマン時代に難関資格を取得した石谷さんですが、学生の頃より勉強できる時間が
少ない中で一発合格できたのは「効率的な勉強法」を実践したからだといいます。

この効率的な勉強法を高校時代に行っていたら、医学部に合格できていたのにと後悔して
いる石谷さんですが、これから医学部を志望する高校生・卒業生に役立ててほしいという
思いから公開したのが「国公立大医学部受験勉強法」です。

中学の頃から勉強がわからなくなってテストの成績が悪いという、基礎学力がない状況で
あれば2年、高校レベルの平均的な学力を身につけているのであれば1年程度
で国公立大
医学部受験勉強法で学習を進めていけば、国公立大学医学部に合格できるレベルの学力
到達することが可能です。

マニュアルに書いてあることを理解しただけでは医学部に合格できません。
実践して成績が上がるという結果を出して、初めて受験資格が得られるというわけです。

【続きを開く】