日頃から、学校や会社、地域など、さまざまなしがらみや拘束を受けている中で暮らして
いると、「人間の生きる意味」というものがわからなくなってきます。

自由が失われることで、自由な意志で生きていくことができなくなるからです。

それだったら、人間の生きる意味を知るためには、仕事や学校をやめて、世捨て人になる
しかない
のかと極論を言う人もいますが、中山けいすけさんは、他人は経験を生むために
存在するものであって、一人でいるのは経験という貴重な機会を自ら奪っているだけだと
指摘します。

他者との関わり合いによって、優しさ、愛、自由、喜びなどを経験することから、人間の
生きる意味を知るためには、「他人」というのは必要な存在
なのです。

もちろん、他者との関わり合いが必要だと言っても、あなたに危害を加えるような他人を
受け入れる必要は一切ありませんし、嫌いな人からはできるだけ離れるべきなのです。

組織や地域などのしがらみで離れるのが難しい場合もありますし、あなた自身は離れよう
としても、相手の方から近づいてくる場合もありますから、あくまでも努力目標です。

そこで、中山さんが、「人間の生きる意味」などと言った普通の人が抱く悩みを根本的に
終わらせるために「良い人生を送るために読むといい本」を作成しました。

お金や人間関係、仕事や勉強など、生きているだけでも悩みはつきませんが、どの悩みも
本質的に同じ悩みである
と中山さんは指摘します。

問題の本質を明らかにした上で、根本的な原因を取り除くことで、それ以降、悩むことは
なくなります。

ケースバイケースで目の前の問題を解決しても、しょせんは対症療法でしかありませんの
で、次から次へと新たな問題が発生しては、頭を悩ませることになりかねません。

根本的に問題を解決すれば、このような現象は発生しませんが、何が本質なのかがわから
ないと解決のしようがないわけです。

「良い人生を送るために読むといい本」を読むことで自分の悩みが自然に消えてゆくのを
実感できます。

【続きを開く】