30日で英語をマスター
などといった英会話教材が目立ちますが、本当にマスターできるのでしょうか?

あなたが実践した経験があればわかるように、まず無理ですよね。
1ヶ月間頑張っても、多少は勉強になったとしても、英語ペラペラとは程遠い状況だった
のではないかと思います。

たしかに、1ヶ月もあれば英会話で必要な知識を一通り学べるとは思いますが、無意識の
うちに使いこなせるレベルまで到達するためにはトレーニング期間を含めると、最低でも
半年程度は必要
だと指摘するのは翻訳家の松尾光治さんです。

この英会話を身につけるためのトレーニング手法として、松尾さんは、時間対効果の高い
パターンプラクティスを提唱しています。

パターンプラクティスとは、基本的な文法表現やフレーズを、さまざまなパターンで学習
することですが、例えば、以下のようなケースが考えられます。

頭のなかで考えなくても、瞬時にフレーズパターンを使って文章を組み立てられるように
なるまでには1ヶ月程度では不十分であって、少なくとも半年は必要だと松尾さんが言う
理由がわかったのではないでしょうか?

1ヶ月程度では、頭のなかで一通り考えてから出ないと、英語で言葉が出てこないレベル
だと思います。

そこで、スキマ時間などを用いて、パターンプラクティスを用いた英会話学習を効率よく
行えるように、松尾さんが「ビジネス英語 話す筋トレ」という教材を公開しました。

最低1日1時間、できれば1日2時間の学習を半年以上続けることで、ネイティブレベル
のビジネス英語が話せるようになります。

「ビジネス英語 話す筋トレ」では、合計106種類のパターンプラクティスを身につけ
られます。

また、ビジネス系を中心に知っておくべき語句(チャンク)を約500個覚えますので、
ビジネス英語を身につけるのに役立つというわけです。

【続きを開く】