ピッチャーのレベルアップというと、球速を上げたり、変化球を数多く覚えたり、制球力
を向上させたりという具合に、技術を向上させる点が重視されがちですが、それ以外にも
重要なポイントが存在します。

草野球チームで選手兼監督を務める傍らで、少年野球チームで指導をしている田原孝太郎
さんは、ピッチャーの配球が重要だと指摘します。

配球はキャッチャーが考えることであって、ピッチャーは知る必要がないなどと思いがち
ですし、キャッチャーが配球についての主導権を持つことが現代野球では一般的ですが、
ピッチャーは配球について一切知る必要がないわけではありません。

少年野球や草野球であれば、配球に関するピッチャーとキャッチャーの役割が曖昧ですし
キャッチャーが主に配球を組み立てても、ピッチャーが完全に従うのではなく、バッター
の顔色や振り方などをチェックして、キャッチャーからの指示と異なるボールを投げたい
ということで首を振るといった光景は決して珍しくありません。

しかし、配球を学べる機会というのは、兼任でもバッテリーコーチがいるチームでないと
なかなかありませんし、あなたもしっかりと配球を勉強した経験が思い当たらないのでは
ないでしょうか?

内角に投げたから、次は外角を投げるとか、直球の次は変化球などと言った具合に、思い
つきで適当に配球をしている
かもしれませんね。

そこで、田原さんがキャッチャーとして配球を実践・指導している実績をもとに、全くの
基礎から配球が学べる「誰も教えてくれなかった配球の教科書」を公開しています。

ストレートの球威がなくてもバッターを抑えられるようになります。

【続きを開く】