野球やソフトボールでは、右打者よりも左打者のほうが有利なことは知られており、特に
投高打低の傾向が著しいソフトボールにおいては、少しでも打率を上げるために左打者を
数多く育成する傾向
が見られます。

元から左利きで、左投げ左打ちであれば、すでに身につけていますので苦労はありません
(一昔前までは左利きと言うだけで変人扱いをされて、強制的に右利きに矯正されられる
のが一般的だったことを考えると隔世の感があります)が、やはり少数派です。

そこで、「右投げ右打ち」の選手を「右投げ左打ち」に矯正する必要があるケースが大半
ですが、今までと正反対の動きをするわけですから、慣れるまでが大変ですし、左打ちに
切り替える際にフォームが崩れるおそれもある
ことから、どう打撃指導をすればいいのか
困っているのではないでしょうか?

「右投げ右打ち」から「右投げ左打ち」に切り替えるにあたって発生する問題点は、

  • 利き腕である右腕の押し込みが使えないためにバットに力が入らない
  • 体が開きやすくなることから外角低めのボールに弱くなる

という2点が挙げられます。

これらの問題を解決するために、兵庫県明石市の大久保バッティングセンターに本社
があり、「世界一わかりやすいバッティング指導法」を研究してきた株式会社ベース
ボールラボ
が、右投げ左打ちバッターを効率よく育成する動画教材を公開しました。

それが、右投げ左打ち 体が開きやすいバッターのためのバッティング指導法です。

バッティングフォームを体の部分ごとに細かく分けることで、着実に正しいフォーム
を身につけられるようになっており、野球少年から社会人まで、ドリル形式の練習で
しっかりと身につけられる
ようにマニュアルが構成されています。

「右投げ左打ち 体が開きやすいバッターのためのバッティング指導法」はミート編と
飛距離アップ編の2種類から構成されており、動画を見て真似をし、繰り返して体に
覚えさせるというシンプルなフローとなっています。

【続きを開く】