英語や英会話を上達するために欠かせないのが「英単語」です。

日常英会話であれば、中学レベルの英語力があれば十分などと言われますが、中学校学習
指導要領によると中学3年間で学ぶ英単語は1200語程度もありますし、中学卒業段階
の英語力が必要だと言われる英検3級で合格するために必要な英単語は約2100語です
から、決して少なくありません。

英語圏の国でまともな社会人生活を送ろうと思ったら、7500語程度は知っていないと
「言葉を知らない知性が低い人」という扱いをされかねませんので注意が必要です。

英単語の覚え方として一般的なのが「単語帳」ですが、単語が持つ意味を正確に覚えられ
ませんし、覚えては忘れて、覚えては忘れるという繰り返しを延々と続けて、何とか頭の
中に残るかどうかというレベル
ですから、なによりも非効率です。

英文を聞き流して、いつの間にか知識として定着させるという学習法も知られていますが
英語の発音を正確に聞き取れなければ、雑音を聞いているのと変わらないため、そもそも
頭の中には残らないことから学習効果は期待できません。

そこで、現在は東大病院を退職して能力開発コンサルタントとして活動している森田敏宏
さんは、語源を覚えることで効率よく大量に英単語を覚えられるようになると言います。

もちろん、闇雲に語源を覚えようとしたところで、英単語を覚えるのと変わらない手間が
かかりますので非現実的です。

14個の語根と20個の接頭辞、合計34個のパーツを覚えることで、14000語もの
英単語を効率よく覚えることが出来ますので、この34個のパーツを、イメージとつなぎ
合わせて覚えるだけで十分
といったら驚くのではないでしょうか?

この34個のパーツを効率よく暗記できる「ミリオン・ボキャメモリー」を使うことで、
あなたも最短18日で英単語14000語をマスターできます。

【続きを開く】