小学校のクラブ活動や中学の部活動で硬式テニスができるところは非常に少なく、ソフト
テニス
しか選択できないところが大半です。

今後のことを考えると、ソフトテニスを経験すると、硬式テニスに転向した際に悪い癖が
つくので、ソフトテニスを経験せずに硬式テニスから始めたほうがいいというアドバイス
をするテニス指導者も増えてきました。

一方、高校以降になってもソフトテニスを続ける人もいますし、大人になってからソフト
テニスを始める人もいたりとさまざまですが、あなたの場合はどうでしょうか?

ソフトテニスに取り組んでいるけど、なかなか思い通りに上達できずに困っているという
のであれば、単に練習量を増やすだけでは不十分だと指摘をするのは、埼玉県内3箇所で
展開している彩テニススクール校長の野口淳さんは以下の3つのポイントを意識しながら
練習に取り組むことで効率よく上達できる
と指摘します。

  • 正しい動作を覚える
  • 効果的な練習方法を知る
  • 思い通りにボールをコントロールする

その結果、試合でも勝てるようになってきます。

そこで、この3つのポイントを踏まえた上で、具体的にどのような練習をすればいいのか
をまとめたDVDマニュアルを野口さんが作成しました。

それが「ソフトテニス上達プログラム」です。
小学生から社会人まで幅広く使える上達法となっています。

体を壊しかねないオーバーワークをする必要はなく、効率よくソフトテニスを上達させる
ことが可能となります。

1ヶ月もソフトテニス上達プログラムのトレーニングメニューを続けていれば、今までと
全く違うことに驚くことは間違いありません。

【続きを開く】